人妻拷問アクメ2

必死に昇天を堪える熟れた女体を襲う狂乱必死の淫絶媚薬・性感地獄責め。何としてもでも守りたい…。抵抗、罵声、必死の形相…。歯を食いしばり、堪える、耐える、耐える。悲しいまでに熟れた女体…。逃げ場無く、開かされてゆく女体…。そこに無数の男の手、淫具…。追いつめられて、むなしき懇願…、だめッ、ダメっ、お願い、ヤメて、イかさないで…。聞く耳持たず、オンナ殺しの卑猥な媚薬…。これをされたらもう終わり、たまったものじゃない…。震える、狂う、悶えつづける…。たまらず噴出す女の液体…。慎み深き女の姿は見る影も無く、催淫油を塗られた熱き女体をよじらせて、狂ったようにイキつづける凄まじき女の性を見る…。

人妻拷問アクメ8

夫と仲睦まじく暮らす真希。そんな彼女の幸せはやがて音を立てて崩れさってしまう。かつて味わった事のない快楽と共に…。普段通り近所で買い物を済ませ帰宅した真希。自宅マンションのエレベーターに乗り込もうとした時、帽子を目深にかぶり作業着に返り血を浴びた男2人とすれ違った。違和感を感じながらも自宅に帰り夫と旅行の計画を立てていた時にその訪問者はやって来た。男は警察を名乗り捜査に強力するように言葉巧みに真希を自宅から連れ出してしまったのだ。しかし警察を名乗った男はまさにエレベーターですれ違った返り血を浴びた男達だったのだ。そしてその男達は口封じの為に連れ出し、真希に対する地獄の責め苦を開始した。真希は貞操を守る為に必死に感じまいと抵抗する。しかし男達の責めをその体に受けながら真希は自分の中で何かが変わっていくのを感じた。日常に訪れた異物。しかしその異物はもう真希にとっては無くてはならないモノになってしまったのかもしれない…。

inserted by FC2 system